レーシックの後遺症 合併症

レーシックの後遺症 合併症のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

レーシックの後遺症 合併症

近視の矯正手術であるレーシック手術は、とても安全性の高い手術とされています。

しかし、手術である以上、やはりある程度のリスクなどの覚悟は必要です。

では、レーシックの後遺症にはどのようなものがあるのでしょうか?

レーシックの後遺症としては、合併症などの発生が考えられます。

レーシックの後遺症には、何種類かの合併症がありますが、合併症の中でもっとも重症のものでは、角膜移植が考えられます。

また、レーシックの合併症で、角膜拡張症というのは重い部類の合併症にあたります。

その他の、レーシックの合併症には、緑内障の可能性が挙げられます。

後遺症として、眼圧が上がる可能性があるためです。

眼圧が上がるという後遺症が残ってしまった場合には、眼圧を下げる目薬をさすなどして、眼圧を下げる必要があります。

ドライアイが後遺症としてみられる場合もあります。

このドライアイの場合も、点眼薬での治療が必要です。


Category レーシック

視力回復にはレーシックや視力回復サプリメントで!のレーシックの後遺症 合併症のリンクについて

視力回復にはレーシックや視力回復サプリメントで!のレーシックの後遺症 合併症のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。