レーシックの後遺症 偏心照射

レーシックの後遺症 偏心照射のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

レーシックの後遺症 偏心照射

レーシックの後遺症として再手術をしなければならない場合も出てきます。

レーシックの後遺症が出る場合は、極度の近視の患者の場合や、レーザーの照射する部分を小さくしたときなどに起こることがあります。

夜間や蛍光灯の下での光が非常に眩しく感じるという後遺症もあります。

このレーシックの後遺症の場合は数カ月程度で、良くなる場合がほとんどです。

稀に発生するレーシックの後遺症としては、感染や不正乱視などが挙げられます。

もし感染で後遺症が発生したとしても点眼薬での治療が可能ですし、不正乱視の後遺症の場合は、たいていの場合は時間が経つとなくなることが多いです。

偏心照射という後遺症が起こることもあります。

これは、手術の際のレーザーの照射が、瞳孔の中心とズレていたことにより起こるものです。

0.8mm以下のズレであれば、問題がないとされている後遺症です。

このように、レーシックの後遺症として残ってしまう合併症はいくつかあります。

しかし、そのほとんどの合併症が、容易に治療が可能です。

また、治療が困難とされている合併症が発生する確率は稀で、ほとんど発生することはないといわれています。

しかし、稀といっても発生する可能性はゼロではないので、手術を受ける前にはきちんと納得をしたうえで受けることが大切です。


Category レーシック

視力回復にはレーシックや視力回復サプリメントで!のレーシックの後遺症 偏心照射のリンクについて

視力回復にはレーシックや視力回復サプリメントで!のレーシックの後遺症 偏心照射のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。