目が見える仕組み,目の運動不足

目が見える仕組み,目の運動不足のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

目が見える仕組み,目の運動不足

目には重要な筋肉が3つあります。

カメラのレンズの役割を果す「水晶体」レンズ、調整の働きをする「毛様体」、眼球を左右・上下に移動させる「眼球移動筋」です。

視力低下には、「水晶体」や「眼球移動筋」はあまり関係ありません。

あなたは、太陽光で虫眼鏡を使い、黒い紙などを燃やした経験はありませんか?

目で近くを見ることと、遠くを見ることに共通する事があります。

虫眼鏡で太陽光を集めると黒い紙に映る太陽光は小さくなります、すると熱が集中して紙が燃えるようになります。

これは、レンズが太陽光を絞って近くに集中している事で、つまり、目に例えると、近くを見るという事になります。

また、逆に光を拡散させると熱はそれ程集まりませんが、黒い紙にはより広範囲に光が当たります。

光を拡散させる事つまり、遠くを見るという事になります。

カメラで説明すると、カメラのレンズを絞ると近くにピントが合います。

レンズを広げると遠くが綺麗に写ります。

そのレンズが水晶体で、レンズを絞る役割を果している手が、毛様体です。

極端な話、視力の低下はこのレンズを調整する手(毛様体)のみが機能を失っているという事だけなのです。

なので、この毛様体を鍛え、本来の動きを取り戻してあげれば良いだけなのです。

目が悪くなる理由は病気ではなく、目の運動不足なだけなのです。

目の事だけでお話をすると、本来近くを見る時には毛様体によって水晶体が小さく縮まなければならないのに、小さくならなくなってしまうのが「近視」で、遠くを見る時、毛様体によって水晶体が広がらなくてはならないのに広がらないのが「遠視」です。

視力回復は確実に可能なのです。


Category 視力回復

視力回復にはレーシックや視力回復サプリメントで!の目が見える仕組み,目の運動不足のリンクについて

視力回復にはレーシックや視力回復サプリメントで!の目が見える仕組み,目の運動不足のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。