老眼と遠視の違い

老眼と遠視の違いのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

老眼と遠視の違い

老眼と遠視は、どちらも突レンズのメガネを使用するので、混同される方がとても多くいます。

しかし、老眼と遠視では見え方も原因も異なります。

老眼は老化による調節異常で近いところを見るときの屈折異常であるのに対し、遠視は遠いところを見るときだけの問題になります。

40歳前後から老眼は始まり、誰もがなる目の老化です。

人は近くを見るときに水晶体を厚くしてピントを合わせます。

人は加齢により水晶体が固くなり、水晶体を支える毛様体の収縮力も衰えます。

そのため、水晶体の調節力が弱まった結果、近いところを見る際に水晶体が厚くならずピントが合わなくなります。

この症状を老眼といいます。

老眼と遠視の違いは、遠視は遠くも近くも見えず、老眼は近くのものが見えず遠くは普通に見えます。


Category 視力回復

視力回復にはレーシックや視力回復サプリメントで!の老眼と遠視の違いのリンクについて

視力回復にはレーシックや視力回復サプリメントで!の老眼と遠視の違いのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。